Read Article

TOKYO COFFEE FESTIVAL 2016 spring で10杯テイスティングして選んだ1店は「GLITCH COFFEE and ROASTERS」味、パーフォーマス共に良かった。

2016年5月22日の2日目に来場

夏日のような暑さでホットよりアイスコーヒーを飲みたくなる日差しの強さ。

会場

飲み比べチケットを購入して、気になった店舗のコーヒーをテイスティングしました。

コーヒーフェス

10杯を飲み比べすると、飲み過ぎて分からなくなりそうでしたが、浅煎り、フルーティー、コクがあるのが好きなわたしが選んだ1店は、

「GLITCH COFFEE and ROASTERS」

グリッチ

エチオピアとグァテマラのコーヒーの2種類をテイスティング出来たのですが、両方とも美味しかった。

自宅でも飲みたいと思い、グァテマラの豆を購入しました。

グリッチのコーヒー

こういうイベントでいつもお店で出されている味をサーブするのって、簡単なようで難しいのかな?と思ったのは、沢山の来場者に対応するために、予め保温ポットにコーヒーを用意していたお店がいくつかあったこと。
その場で淹れてくれるのもパフォーマンスとして見たいと思って行くので、その対応には、少し残念な印象を受けました。
その点、GRITCHは、来場者を楽しませる工夫をしていました。
そうは言っても、昨年に引き続き、行ってよかったです。
東京コーヒーフェスティバル公式 | TOKYO COFFEE FESTIVAL 2016 spring → http://tokyocoffeefestival.co/

2015年のコーヒーフェスティバルの記事はこちら

The following two tabs change content below.
MIHOKO

MIHOKO

ブランディングデザイナー。ユニフォームデザイナーの経験を生かしてファッションからグラフィックまで幅広く手がけています。佐渡島が大好きで、佐渡と住まいの二拠点居住を模索中。佐渡をキーワードにいろんな人と繋がっています。住むところに縛られず、自在に人生を謳歌して、周りを幸せにできる人になりたいと思っています。詳しいプロフィールはこちら
URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top