Read Article

東京クロッキー会のデッサン勉強会に通い始めて3ヶ月。ようやく人間らしく描けるようになって来ました。

絵を描くのが上手くなりたかったらクロッキーをやるといいわよとプロのイラストレーターさんにアドバイスをもらったのが今から3ヶ月前。

そこからクロッキー、デッサンを行なっている東京クロッキー会に毎月2〜3回通っています。

5時間のデッサン勉強会

デッサン勉強会は、プロの画家の方が講師で丁寧にアドバイスをして下さいます。わたしの場合、クロッキーをやるのが1年ぶりほぼ素人同然なので様々なことを一から教わっています。

5時間の内容は、何回かのクロッキーを間に挟み、固定のポーズを仕上げていく流れで行われます。毎回、モデルさんのレベルが高く、描いてて心地よいです。

参加をして1回目のデッサン

この時は、自分の今までの描き方で描いているので線に頼った描き方になっています。

デッサン

勉強会の最後に行われる講評では、「海老名さんの絵は潔くて面白い」とコメントをいただきました。確かに影は黒く明るいところは白いまま塗らない。強調する線は濃く描いていて直線的。人間というより人工物のような硬さのある絵になっています。

絵を学ぶ前に描く絵は、その人の個性が思い切り出るらしいですね。

講評が勉強になります。

参加者全員の絵を並べて1枚ずつ先生方が、講評してくださるのですが、これが自分の絵を客観的に見ることができる絶好の機会になっています。

さらに他の方の絵のタッチ、構図の取り方、画材の使い方など様々で
同じモデルさんを描いているとは思えないほど十人十色の表現の豊かさに圧倒されますが、人の絵を見ていると今度こんな風に描いてみようかなとイマジネーションが膨らむのでこの時間が好きです。

早速ペンシルタイプのパステルを購入して見ました。

パステル

通い始めて3ヶ月目の絵

参加して1回目の時より線だけで描くというのが少なってきました。

デッサン

苦手な顔も構造や見え方を理解すると苦手意識がだいぶ減り、3ヶ月でこんなに変わるものかと自分の成長を少し嬉しくなりました。

上手く描くために挑戦し始めたこと

日常的に描く習慣を付けたいので1日1回決まった時間に20分描くというのをやり始めました。

今後の自分の仕事の幅を広げるためにコツコツ描いて行こうと思います。

東京クロッキー会の情報はこちら

ヌードクロッキー会なら東京クロッキー会 – ヌードクロッキー会なら 東京クロッキー会

The following two tabs change content below.
MIHOKO

MIHOKO

ブランディングデザイナー。ユニフォームデザイナーの経験を生かしてファッションからグラフィックまで幅広く手がけています。佐渡島が大好きで、佐渡と住まいの二拠点居住を模索中。佐渡をキーワードにいろんな人と繋がっています。住むところに縛られず、自在に人生を謳歌して、周りを幸せにできる人になりたいと思っています。詳しいプロフィールはこちら
URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top