Read Article

シーチング生地をキャンバスだと思えたら、学生時代からの嫌な思い込みが吹き飛んだ。

学生時代の課題で良く使っていたシーチングという生成の生地。

仮縫いとかで使う生地なんですが、膨大な課題で土日、深夜と追われていた学生時代の思い出が蘇ってくるので、シーチングには、いいイメージが全くないのです。

先日、デッサン講座で先生がプロでも構図が違うと気がついたら、線を消してまた描き直します。
デッサンが上手くなるために学生時代は、100枚くらい描きまくりました。と言われていて、そうよね、何回も描くよね。

つい最近、試作品を作るにあたり、本番の生地がまだ決まっていないし、仕様も変わるかもしれないと思い、厚手のシーチングを購入しました。

シーチング

白糸でちくちく手縫いしていて、ふと思ったのが、ブログも100記事達成するまでがとても辛かった。

書くのは好きじゃないんじゃないか?

向いてないのでは?

と自問自答しながらも何とか達成できた。

向き不向きの判定をする前に単にこなす量が少ないだけだったのでは?

ジャッジする前にやりたかったら、とことんやってみればいいよね。

と思い、学生時代からの呪縛を解き放ち、

再び、縫ってます。

シーチングが、きらきらした布に見えて来ました。

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top