Read Article

大人になってから歯列矯正を始めました。柔らかいものしか食べられない!どの位ならOKなのか食べながら確認中。矯正2日目

歯列矯正するまでに誤魔化しながらの3年

大人になってから歯列矯正するのは辛いな〜痛いの嫌だし、見た目も嫌だし、お金もかかるしと色々やらない理由を並べて随分と先延ばしにしていました。

と言っても治療に踏み切るまでに何もしていなかった訳ではなく、虫歯や歯周病の治療など出来ることを先に行っていました。

結果として、歯ぐきが健康になったので歯列矯正で第一ステージにかかる費用20万円がカットされたので、決断するまでに時間はかかりましたが、費用はカットされ、口腔内の状態がベストになったのでまぁいいかなと。

大人になってからの歯列矯正

何となく矯正って子どもの頃にやるものという勝手なイメージがあり、今さらこんな大人がやっても。と思っていましたが、意外と周りの大人たちが矯正しているので年齢は関係ないなと思ったのも治療に踏み切れた理由です。

ブラケットという装置をつけた初日の食事

わたしは、治療費を抑えたかったので金属が歯の表面に出た状態になるブラケットをぐるりと上下につけています。

歯医者さんから治療後の食事は、固いものは避けて柔らかいものを食べて下さいという説明がありました。繊維質のもの、歯にくっつきやすいものも食べない方がいいようです。

柔らかいものって?
果たしてどの位ならいけるのか・・・

治療初日の夕食

「たこ焼き」のみです。

試しに夫が注文した餃子定食の餃子は食べられるのか試してみましたが、皮が噛みきれず、焼き餃子は、NG。

お〜わたしの好きな餃子が食べられないとは(涙)

ネットで調べたら水餃子ならOKかもしれないので、今後は自宅で作る餃子は水餃子に切り替えようと思ってます。

2日目の食事

食べられたもの
桃、トマト(ギリギリセーフ)、オムレツ、厚切りベーコン(イトーヨーカドーの)、ヨーグルト、白米

食べられなかったもの
もやし、大葉、素麺

噛めるって幸せなことですね

何はともあれ、噛むことって当たり前のように行っていたので、噛めない生活になると噛めることの幸せを感じますね。

固いものは避けてねって言われて果たしてどの位までいけるのか?と思ってナムルのもやしを食べたところ、噛めない!

この固さがNG!とは。ショック!

まだ2日目なので1週間は、様子を見て徐々に見極めて食べていきたいと思います。

まさか歯列矯正がブログのネタになるとは(笑)

さすがにリアルな写真は載せられず、でも写真に撮って記録しておこうと思ってます。

食べることに制限がかかるので、これをいい機会にダイエットしようかなと思ってます。

まとめ

歯並びを気にして話し辛さを感じていたので、歯列矯正が終わったらそれも解消されるだろうと思うとこれから先の人生にとってのわずかな1年〜2年の治療期間。

普通に食べられることへの感謝の気持ちも出てきて、食べられない辛さや制限を逆手にダイエットに繋げていい方向に持っていきたいと思ってます。

The following two tabs change content below.
MIHOKO

MIHOKO

ブランディングデザイナー。ユニフォームデザイナーの経験を生かしてファッションからグラフィックまで幅広く手がけています。佐渡島が大好きで、佐渡と住まいの二拠点居住を模索中。佐渡をキーワードにいろんな人と繋がっています。住むところに縛られず、自在に人生を謳歌して、周りを幸せにできる人になりたいと思っています。詳しいプロフィールはこちら
URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top