Read Article

Mui(旧店名もとえ珈琲)のコーヒーセミナーがきっかけでコーヒーミル「フジローヤルのみるっこ」を購入!自宅でハンドドリップしてみました。

もとえ珈琲の店主 大沢征史さんから
自宅でコーヒーを淹れるならミルが大事ですよ。
と教わり、オススメのミルを伺いました。

オススメのコーヒーミル

電動なら1万円以上するのが良いそう。
大沢さんイチオシは、
焙煎機メーカーのフジローヤルのみるっこ
スタンダードがオススメ。

手動なら日本製の2〜3千円くらいのが良いそう。
手動で高いのはやめた方がいいみたいです。
自宅で淹れるなら電動をオススメしますとのこと。

早速、みるっこをググってみると、お値段4万円位します。
んー考えるなー
と思っていたら、

大沢さん曰く「みるっこは、値段が年々高くなってるんでよ。」とのこと。

んーでも、
と躊躇していたら

一緒に参加した主人のEBIが買うしかない!と
前のめりだったので、
購入に至りました。

自宅にみるっこが到着。

自宅に到着したみるっこ

フジローヤルのコーヒーミルみるっこ重厚なボディに可愛らしいネーミング。
そのギャップが魅力的です。

道具一式を揃えました。

コーヒーを淹れるための道具を持っていなかったので
ひと通り購入しました。
コーヒーサーバー▲HARIOのサーバー
道具一式▲ホーローのポット、フィルター、計量カップ

時間を測るためのタイマーは、iPhoneをいつも使っているので
購入せず。
エチオピア産コーヒー豆イルガチェフ豆は、もとえ珈琲のエチオピア産イルガチェフェ コチェレ。
コーヒーセミナーで一番最初に飲んだコーヒーです。

みるっこで豆から粉にしてみました。

みるっこに豆を投入▲ホッパーに豆を入れます。
豆200グラムを全て投入▲200g全部入れます。

IMG_9798ダイヤルを合わせているところ▲粒度調整ダイヤルで挽き目(メッシュ)を設定します。

大沢さんから粗めがいいですよ。と教わっていたので
ペーパーフィルターの区分で荒い目の数値6で設定。
挽いた豆▲あっという間に挽き終わりました。

それでは淹れてみます。

道具をセット
小冊子を見ながら豆を投入する▲小冊子で淹れ方を確認しながら粉を入れます。
ドリップ後のコーヒー▲二人分で淹れてみましたが、量多めになりました〜。
初ドリップのコーヒー大雑把な淹れ方になりましたが、初めてにしては上出来です。
何より自宅でドリップできたことが嬉しいです。

挽き終わった粉は密閉容器で保管します。

粉を密閉容器に保管常温で保存して1週間くらいを目安に飲みきりたいと思います。

関連記事

もとえ珈琲の「コーヒーを自由に楽しむためのセミナー」に参加してきた。苦手なコーヒーが好きになる。その1 – 晴れときどき佐渡 → http://ebisado.com/cafe20150921/

もとえ珈琲のコーヒーセミナーで初心者でもコーヒーを美味しく淹れるコツを教わってきた! – 晴れときどき佐渡 → http://ebisado.com/cafe201509212/

 

The following two tabs change content below.
MIHOKO

MIHOKO

ブランディングデザイナー。ユニフォームデザイナーの経験を生かしてファッションからグラフィックまで幅広く手がけています。佐渡島が大好きで、佐渡と住まいの二拠点居住を模索中。佐渡をキーワードにいろんな人と繋がっています。住むところに縛られず、自在に人生を謳歌して、周りを幸せにできる人になりたいと思っています。詳しいプロフィールはこちら
URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top