Read Article

佐渡島の伝統芸能 和泉地区青年会の鬼太鼓が素晴らしかった!動画付き【佐渡女子レポ6】

佐渡 田舎暮らし体験モニターツアーの2日目の夜は、鬼太鼓を宿の広間で鑑賞しました。

鬼太鼓は、地域性があり、面白いです。

雄壮な和泉地区青年会の鬼太鼓

始まる前に鬼太鼓について解説してくれたので、その後の見方が変わりました。
動画の導入部分で解説も入ってますが、動画が長いので書き起こしました。

鬼太鼓は、300年以上前からやられている歴史があります。

島内に鬼太鼓を踊る団体が120以上あり、地元の祭りの時に一軒々の家々を回りながら披露します。
和泉地区では300件の家をお祭りの4/15に回ります。
朝5時位に踊り出し、夜11時まで踊るので鬼を舞うには相当、体力が要ります。
鬼太鼓には、ストーリーがあり、太鼓は祠(ほこら)、神社を意味しています。
自分の幸せのために最後は自分の家(祠)を目指し、
鬼が神社に近ずくのを獅子が阻止します。
神社の守り神が獅子。
鬼と獅子が戦うさまを表しています。
赤がオス鬼、白がメス鬼で
口が開いている方は、「あ」の口の形をしていて、閉じている方は「ん」の口の形をしています。
「あ」と「ん」であうんの呼吸で踊ります。
いろんな人間の思い(全て)を表し、
一説には鬼は人間が化けた姿だとも言われているそうです。

▼前半の赤鬼が舞うところは動画で撮りました。動画10分(長いですが、よろしければどうぞ)

白鬼の舞い(後半)

 

鬼太鼓 白鬼▲獅子と戦うさま

鬼太鼓 白鬼

鬼太鼓 白鬼

鬼太鼓 白鬼▲白鬼の舞いも勢いがあり、力強かったです。

鬼太鼓の赤鬼と白鬼の間に挟まれて記念写真▲最後に鬼の間に挟まれて記念撮影を撮ってもらいました。
ツアーならではの貴重な体験です。

 

The following two tabs change content below.
MIHOKO

MIHOKO

ブランディングデザイナー。ユニフォームデザイナーの経験を生かしてファッションからグラフィックまで幅広く手がけています。佐渡島が大好きで、佐渡と住まいの二拠点居住を模索中。佐渡をキーワードにいろんな人と繋がっています。住むところに縛られず、自在に人生を謳歌して、周りを幸せにできる人になりたいと思っています。詳しいプロフィールはこちら
URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top