Read Article

佐渡|のろま人形作りを体験。佐渡 田舎暮らし体験モニターツアー最終日。【佐渡女子レポ7】

最終日は、のろま人形作りを体験。(ツアー3日目)

天候があいにくの雨模様のため釣りが中止となり、宿でのろま人形作りを体験して来ました。わたしとしては、釣りは、エサをつけるのをやりたくなかったのでラッキー!

のろま人形作りの他に能面の色づけ、繭玉でトキを作るなどがあり3つの中から選べました。

能面とのろま人形

のろま人形とは、

佐渡の人形芝居(文弥人形、説教人形、のろま人形)は、1977年5月17日に重要無形民俗文化財にしていされた人形浄瑠璃。

人形遣い野呂松勘兵衛によって有名になったことから、野呂の間狂言を縮めて「野呂間」人形と呼ばれるようになった。一説には、この愚鈍な滑稽芝居が、ノロマ(野呂間)の語源とも言う。(Wikipediaより抜粋)

それでは制作開始

セッティングされたテーブル

まっさらなのろま人形▲まっさらな人形

のろま人形の顔に色づけ▲のろま人形とは!こいういうものだー!とのインプットがゼロなので全くもって好き勝手に色を塗っていきます。

のろま人形に色づけ▲絵の具が乾くのが早いの、早いの(汗)。
土台の紙粘土が絵の具を吸い込むのが早くてこの色!と決めたら3秒位で塗らないとムラになります。(汗)

仕上げのレクチャーを聞くところ▲絵の具を塗りながら仕上げの仕方を聞いてて下さいね〜って言われたけど、聞いてる暇が無いです。色を塗るのに必死!

のろま人形の色づけ完成▲多少のはみ出しは、愛嬌で乗り切って

土台の木にさしたところ▲土台の木に挿して完成。おとぼけ顔が気に入ってます。

完成形を並べたところ▲のろま人形作りに参加したのは、4名なのですが、こうやって並べると表情が違って面白いですね〜。

化粧箱に入れて▲化粧箱に入れてくれました。

箱に梱包されたのろま人形▲箱に入れたらそれなりに見えますか?

佐渡の伝統文化にも触れることが出来た最終日でした。

The following two tabs change content below.
MIHOKO

MIHOKO

ブランディングデザイナー。ユニフォームデザイナーの経験を生かしてファッションからグラフィックまで幅広く手がけています。佐渡島が大好きで、佐渡と住まいの二拠点居住を模索中。佐渡をキーワードにいろんな人と繋がっています。住むところに縛られず、自在に人生を謳歌して、周りを幸せにできる人になりたいと思っています。詳しいプロフィールはこちら
URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top