Read Article

佐渡|秋のSHIMAFUMI(しまふうみ)は店内で過ごすのが気持ちいい 2015年10月来訪

10月の佐渡島は、肌寒く羽織ものを重ね着してちょうどいい気候。

2泊3日間で行われた佐渡 田舎暮らし体験モニターツアーは、最終日はお昼前に終了になったので帰りの船の時間までカフェ巡りをして来ました。

いつでも行きたいしまふうみ

しまふうみのエントリー
佐渡島の風を感じられる居心地のいいベーカリーカフェSHIMAFUMI(しまふうみ)に行ってみた

佐渡のベーカリーカフェしまふうみ(SHIMAFUMI)がさらに進化していた。2015年夏。 

▲ハイ、また行って来ましたよ。

▲海は白波が立っていてやや荒れてます。

空模様が曇天で帰りの船が心配ですが、そんなことは横に置いといてまずは腹ごしらえを。

▲ハロウィン前だったのでかぼちゃがお出迎えしてくれました。

遅めのランチをいただきました。

▲また気になるメニューが登場してます。これだからまた行きたくなるんです。

佐渡バターライスが気になったのですが残念ながら売り切れ。
しかしこの肌寒さにはあったかいものを食べたいと思い、

▲塩豚のポテ(スープ)を注文しました。
1人で食べるにはボリューミーですが、ほくほくの野菜と豚肉の塩加減が優しい味でいい!思わず全部ひとりでいただきました。付け合わせの岩塩とマスタードを付けて食べると旨味が増してさらにgood!


▲こちらは、バナナとベーコンがサンドされた「エルビス」400en-。この組み合せってどうなの?と興味津々で注文したのですが、美味しかったです!ピーナッツバターがバナナとベーコンの橋渡しをしてていい仕事してまっせって感じ。
たぶん赤ワインのお共にもいけるハズ。

店内に掘りごたつ式の個室ができていました。

カフェベーカリーのしまふうみですが、ここは和室で小さな子ども連れでも気兼ねなくゆっくり過ごせそうです。間接照明の灯りで癒されたいです。

▲トキ?かなと思ったのですが違うみたい。でも可愛い鳥さん。

秋でもおすすめのソフトクリーム

▲チョコレート味が発売になったそう。

▲こちらがそのチョコレート味。お義姉さんが実食。

何度も訪れているしまふうみなのですが、行く度に変化があり顧客へのサービスに余念が無いです。お客を飽きさせないのはファンづくりに大切な要素ですもんね。しまふうみ大好きです。

 

The following two tabs change content below.
MIHOKO

MIHOKO

ブランディングデザイナー。ユニフォームデザイナーの経験を生かしてファッションからグラフィックまで幅広く手がけています。佐渡島が大好きで、佐渡と住まいの二拠点居住を模索中。佐渡をキーワードにいろんな人と繋がっています。住むところに縛られず、自在に人生を謳歌して、周りを幸せにできる人になりたいと思っています。詳しいプロフィールはこちら
URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top