Read Article

佐渡|元日も営業の羽茂温泉で羽茂焙煎コーヒーを飲んで、淹れてきた!

佐渡島の温泉でお正月も営業をしているのが羽茂温泉です。しかも通常の営業時間を1時間延長して22時までの営業とは嬉しいサービスです。今回は、GO!GO!羽茂温泉プロジェクトの藍ちゃんが、羽茂焙煎コーヒーの販売をされるとのことで朝から行ってきました。

1月1日は長蛇の列で大にぎわい

羽茂温泉のそばにある一の宮神社が、かつてない人が参拝で訪れ、あふれかえっている中、羽茂温泉前のコーヒー販売コーナーも長蛇の列。

長蛇の列300円でその場で挽きたての豆でコーヒーが飲めるのはお得です▼300円の焙煎コーヒー

GO!GO!羽茂温泉プロジェクトの藍ちゃん

羽茂温泉は、昨年閉鎖の危機に追い込まれました。そんな中、この羽茂温泉を無くしちゃいけないとの熱い思いで働きかけてられているのが藍ちゃんです。HELLO BOOKSなどのイベントを主催され、佐渡島全体の活性化に奔走されているのですが、アイデアと感性が素晴らしく、みんなが応援したくなる人。
藍ちゃん▲笑顔が素敵な藍ちゃん。わたしも大ファンです。

2日目はお手伝いに押しかけました。

初日は藍ちゃんひとりで、てんてこまいされており、予定の入っていない1月2日ならお手伝いができると思い、明日お手伝いに行ってもいいですか〜とメッセージを送り、天気が雨になりそうなのでどうなるか分からない様子でしたが、ほぼ勝手に押しかけてわたしと主人のえびちゃんでお手伝いをしに行きました。

2日目のコーヒー販売▲藍ちゃんからエアロプレスの使い方を教わるえびちゃん。エアロプレスはアメリカで流行っているそうで、美味しいコーヒーを手軽に淹れる手法としてこれもいい!と思いました。

温泉コーヒー▲湯あがりに飲んでもらえるように温泉の施設内の一角で行いました。羽茂温泉の施設内の床は床暖房なので足元がいつもぽかぽかしていて暖かいです。

二人でコーヒ屋さん▲頭に小木のカフェ「手ぬぐいとコーヒーの日和山」のみらいさんデザインの手ぬぐいを被り、わたしも加わって焙煎コーヒー屋さんをやらせてもらいました。

帰省で来られている人、家族連れで来られている人などコーヒーを通じていろんな方と交流が出来て楽しい経験をさせてもらえました。羽茂温泉を愛するわたしとしては、これからも何かしらのかたちで応援していきたいと思います。

羽茂温泉サポーター制度

温泉がたくさんある佐渡島ですが、利用客が少なくなってきたことで閉鎖や休業に追い込まれている温泉も出てきています。良質な温泉の羽茂温泉はこれからもぜひ残って欲しいと思っています。

サポーター制度▲可愛いチラシでサポーターになってもらえるように呼びかけています。

手ぬぐい▲サポーター制度(1口1000円〜)に入るともらえる手ぬぐい。

クアテルメ佐渡 羽茂温泉

クアテルメ佐渡 羽茂温泉 →http://hamochionsen.com/
住所:〒952-0503 新潟県佐渡市羽茂飯岡170-1
TEL:0259-88-3566
営業時間:13:00-21:00
定休日:毎週月曜日
(祝日の場合は翌日休、GW・盆時期・年末年始 )
駐車場:20台

ゴーゴー!羽茂温泉プロジェクト のFacebook→ https://www.facebook.com/gogohamochionsen/

もうひとつ読んでいきませんか

佐渡島 日帰り入浴温泉 は、ぷらっと立ち寄れる気軽さがいい! 羽茂温泉は美肌の湯。お肌がすべすべになるよ。 – 晴れときどき佐渡 → http://ebisado.com/sado20151201/

佐渡島で開催されたHELLO!BOOKS2014に行ってきた。 – 晴れときどき佐渡 → http://ebisado.com/sado20130614/

佐渡の小木港から歩いて7分!100年前の古民家をリノベーションしたカフェ「手ぬぐいとコーヒーの日和山」に行って来ました。 – 晴れときどき佐渡 → http://ebisado.com/sado20150720-2/

The following two tabs change content below.
MIHOKO

MIHOKO

ブランディングデザイナー。ユニフォームデザイナーの経験を生かしてファッションからグラフィックまで幅広く手がけています。佐渡島が大好きで、佐渡と住まいの二拠点居住を模索中。佐渡をキーワードにいろんな人と繋がっています。住むところに縛られず、自在に人生を謳歌して、周りを幸せにできる人になりたいと思っています。詳しいプロフィールはこちら
URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top