Read Article

佐渡島 初のコワーキングスペース誕生にむけて奮闘中の「ひょうご屋」(小木)を訪問して来ました。

古民家を再生中

地域おこし協力隊の熊野礼美さんは、協力隊の任期が終わってからも
佐渡島に住みたいと佐渡島への愛が溢れている素敵な女性です。

そんな熊野さん、小木にある古民家を再生して
「移住をサポートする民家」
「佐渡島の人たち、島外からくる人たちに利用してもらえるコワーキングスペース」として
運営されたいと
現在その改修作業をされています。

これからのことを熱く語る熊野さん(左)

熱く語っている熊野さん

場所は、港町の小木

小木は、かつて宿場町で北前船の寄航地。
現在は、新潟県の直江津と小木を結ぶ高速船のあかねが就航している港町です。

小木の街

アースセレブレーションが行われたりと
人を惹きつける魅了のある街です。

改修作業中をお邪魔してきました。

以前住まわれていた方の生活ぶりが見える品々がたくさん出てきてました。

お椀

欲しい方に譲ったり、引き取ってもらったりしているそうで、人が大勢、集まるお家だったようです。

釜があったりと

釜

二合酒が入る徳利には、朱鷺の絵?いや鶴ですかね〜

二合酒の徳利

摺りガラスなんて懐かしい

摺りガラスの扉いろんな方に助けられながら改修中とのことで熊野さんのお人柄と人徳を感じました。

これからどんな風に仕上げていくか思案中の熊野さん。

思案中の熊野さん
兵庫県のご出身でこの古民家の屋号が「ひょうご屋」だったことに
偶然ではない出会いを感じられたそうで、これからの仕上がりが楽しみです。

人と人をつなぐ新たな情報発信スペースとなっていく予感大!

地域おこし協力隊の熊野礼美さんのブログ
佐渡の暮らし 山と花と幸と →http://blog.livedoor.jp/reimykumano/

The following two tabs change content below.
MIHOKO

MIHOKO

ブランディングデザイナー。ユニフォームデザイナーの経験を生かしてファッションからグラフィックまで幅広く手がけています。佐渡島が大好きで、佐渡と住まいの二拠点居住を模索中。佐渡をキーワードにいろんな人と繋がっています。住むところに縛られず、自在に人生を謳歌して、周りを幸せにできる人になりたいと思っています。詳しいプロフィールはこちら
URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top