Read Article

佐渡 北雪酒造「鬼夜叉」は、ラベルがかっこいい!本格日本酒コミック「いっぽん!!〜しあわせの日本酒〜」で人気急増。蔵元では試飲のみ可能。

北雪酒造の最新情報をホームページで見ていたところ、鬼夜叉を発見!これは買いに行かねばと思い、早速、蔵元を訪れました。(2016年3月)
場所は、赤泊の海沿いにあり、お店の前に大きな樽が2個どどーんとあるので、これを目印に行くと分かりやすいです。
北雪酒造の店舗マーク店舗

早速、試飲してみましょう。

お酒の種類が多いので何を買ったら良いか、もしくは目星いお酒が口に合うのか?飲んでみないと分からないので試飲してみましょう。
北雪酒造では、試飲カウンターがあるので気になったお酒があるか聞いてみて試してみましょう。

「鬼夜叉」は試飲はできるけど、蔵元では購入できない!

ラベルのデザインがかっこいい!鬼夜叉は、4銘柄あるのですが、遠心分離機という機械を使ってフレッシュな日本酒を飲めることに視点を置いた手法で作られています。そのため生産数が少なく、「鬼夜叉」の数量が限られているそう。
さらに販売店を通じて購入してもらう流れになっているので蔵元では購入できないそうです。期待して行ったのに残念。

しかし、試飲はできるとのことで2銘柄を飲ませてもらいました。

鬼夜叉の試飲左の赤いラベルが、純米酒、右の青いラベルが普通酒です。
普通酒のフルーティーで口に含んだ後の鼻から抜ける感じの香りがよかった〜。
他の2種類も飲みたいと思いましたが、お店には無く、残念。

鬼夜叉とは

「鬼夜叉」とは人の内面の悲しさや恐ろしさから救いを表現する「能」を芸術の域まで高めた「世阿弥」の幼少期の名前で、時の将軍足利義満によって名付けられたとされています。その後晩年に「佐渡島」に流刑されました。そのため佐渡島には全国で最も多い「能楽舞台」が現存しています。日本人にとって「鬼」は人の心の醜さを現しますが、「夜叉」は男でも女でもない中性的な含みを持っています。「鬼夜叉」ブランドのラベルは「上下絵」という表現法を用いて「鬼」と「仏」の心顔を表現しています。
ー北雪酒造のホームページより引用ー

本格日本酒コミック「いっぽん!!〜しあわせの日本酒〜」で人気急増。

わたしは、普段あまり漫画を読まないのですが、「鬼夜叉」のことが、「いっぽん!! 〜しあわせの日本酒〜」の第7話(グランドジャンプ5号特大号)に登場しているそうです。
この影響で問い合わせが多いそうです。

北雪酒造のサイト

北雪酒造|佐渡島から世界へ羽ばたく 日本酒 HOKUSETSU → http://sake-hokusetsu.com/index.html

新潟県佐渡市徳和2377番地2

 

The following two tabs change content below.
MIHOKO

MIHOKO

ブランディングデザイナー。ユニフォームデザイナーの経験を生かしてファッションからグラフィックまで幅広く手がけています。佐渡島が大好きで、佐渡と住まいの二拠点居住を模索中。佐渡をキーワードにいろんな人と繋がっています。住むところに縛られず、自在に人生を謳歌して、周りを幸せにできる人になりたいと思っています。詳しいプロフィールはこちら
URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top