Read Article

佐渡|相川にある名前のない店。月に10日間しか営業しません。骨董品のジャンルが幅広くて見ているだけでも楽しいです。

佐渡は、広いのでついつい移動も観光も車で、というのが多いのですが、町はやっぱり歩いてこそ発見がありますね。

佐渡の相川と言えば、かつて金山で栄えた町。
3月は、お雛さん祭りで町の活性化をしています。

この相川で、骨董品で人を呼べたら面白いんじゃないか。
と横浜から来られた店主。

なぜ、佐渡でお店を開こうと思ったんですか?と
尋ねたところ、佐渡に縁があって、ここにしました。
と言われていました。

屈託ない笑顔が素敵な男性です。
お住まいが横浜なので、月に10日間だけの営業にされたそう。

お店の外観に特徴があります。

お店の場所は、商店街を超えて、相川郵便局の隣りにあります。
外観お店の前に古本が出ていたので、なんか面白そう?と
思ってお店に入ってみよと思ったら、入口のドアが開かず。
営業してない?
いや、電気ついてるし、ますますこの謎めいた感じに好奇心が出てきます。
お店の入り口

骨董品の量が半端なく多い

自動ドアなのですが、開かず。手動で開きそうだったので、手で開けて(笑)

「す、み、ませーーーーん!」と叫ぶも

人が出て来ず、何回か叫んで、ようやく奥から店主が出て来ました。

佐渡の建物に良くある造りで、奥行きが、かなりあるんです。

どうぞ、どうぞ。

白髪の男性が屈託ない笑顔で迎えてくれまして、
「今月は今日までの営業でして、よかったら見て行ってください。」
とのこと。

扱ってるジャンルの幅が広いのですが、収集する時のこだわりとして
天然素材のものに視点を置いてるそうです。

店内

手前から順に見て行きました。

手前のフロアは古本、小物など。

店内の小物

店内の小物

さらに奥のフロアに行くと、着物や掛け軸があり、
店内の着物
掛け軸

こんな可愛いおじいちゃんおばあちゃんの置物も。
店内の置物

「囲炉裏を囲んで話しをしたいんだけど、火をおこすと、これだけ物があるから、危険でしょ〜」
店内の囲炉裏まさにその通り!

マツコさんに似ている置物もあり、隅から隅まで楽しめるお店です。
店内の置物

「店主にブログでお店のことを書きたいので、店名を教えて下さい。」
と尋ねたところ
「店の名前無くてね〜何か付けないとねぇ」と頭ぽりぽり(笑)
ほのぼの、いい店主です。

営業は、だいたい月の25日頃〜月初5日頃までが営業日とのことでした。
お店にまた伺って、情報を更新したいと思います。

The following two tabs change content below.
MIHOKO

MIHOKO

ブランディングデザイナー。ユニフォームデザイナーの経験を生かしてファッションからグラフィックまで幅広く手がけています。佐渡島が大好きで、佐渡と住まいの二拠点居住を模索中。佐渡をキーワードにいろんな人と繋がっています。住むところに縛られず、自在に人生を謳歌して、周りを幸せにできる人になりたいと思っています。詳しいプロフィールはこちら
URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top