Read Article

佐渡|羽茂のおけさ柿の選果場に行って柿を試食して来ました。

おけさ柿とは。

種なしの渋柿で佐渡では、羽茂、赤泊、新穂がその産地となっています。主人の実家が羽茂にあるので柿の畑を沢山見かけます。

 

ちょうど今の時期が、柿の収穫時期に入っており、たわわに実った柿畑を見ることが出来ます。
おけさ柿の畑
手入れのされた柿の木は、収穫しやすい高さに揃えられ、背が低いのが特長です。
おけさ柿の畑
傾斜のある山に柿の木がずらっと並んでいる姿は圧巻ですね〜オレンジ色に色づいた頃にまた見たい光景です。
柿の畑

羽茂にある柿の選果場に行って来ました。

選果場で選定された柿が販売されています。

柿の選果場

この黄色いケースの重さは、1ケース23kgほどあるそうで、選果場に来る前に積み上げられた集荷場があるのですが、五段に積み上げるルールらしく、それを女性でも持ち上げるんですって。
大変ですね〜重労働だわ。

試食が出来るのですが、、、。

店員さんに「試食できますか?」と尋ねたところ

そちらをどうぞと指を差された先には、

こちら

試食の柿

「自分で皮を剥いて食べるのですか??」

店員さん「こちらでは、保健所の関係で皮を剥いて出すことが出来ないんですよ。」とのこと。

まぁ、この状態を見たときに予想はしてましたが、
では、自分で。
 柿の試食
鮮やかな色とジューシーな甘さが口の中に広がります。
種がないので食べやすく、カリッと固めでも熟してねっとりしたのもいいですし、熟し具合の頃合いを見て自分の好みの時に食べられる楽しみもあるのが柿のいい所ですね。
丸ごと1個を試食しまして、すぐ食べられる300円の袋入りを購入しました。
おけさ柿

これからの柿のシーズンを楽しみたいと思います。

おけさ柿は、凍らせてシャーベット状にして食べるのもおすすめです。

新潟県佐渡市羽茂大橋1630-1

 

The following two tabs change content below.
MIHOKO

MIHOKO

ブランディングデザイナー。ユニフォームデザイナーの経験を生かしてファッションからグラフィックまで幅広く手がけています。佐渡島が大好きで、佐渡と住まいの二拠点居住を模索中。佐渡をキーワードにいろんな人と繋がっています。住むところに縛られず、自在に人生を謳歌して、周りを幸せにできる人になりたいと思っています。詳しいプロフィールはこちら
URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top