Read Article

佐渡|地域活性化の拠点 羽茂大崎「大滝学舎」で開催された秋の収穫祭に行って来ました。

地域活性化の拠点「大滝学舎」

廃校になった旧大滝小学校を地域活性化のための活用しているのが佐渡の南部にある羽茂大崎に大滝学舎があります。

大滝学舎

土人形作りなどをされている葛原 正巳(くずはらまさみ)さんが館長をされています。
長身で仙人のような出で立ちです。

こちらが土人形。

土人形

地域おこし×新しい生き方を考える【大滝楽舎】 

イベント「秋の収穫祭」に行って来ました。

開催された2016年11月13日は、秋晴れの気持ちの良い天気。

収穫祭

屋外では、パフォーマーのおじゃるずさん、華さんによる大道芸が行われ、賑わっていました。

大道芸

食の宝庫の佐渡ですが、羽茂大崎を拠点に活動されている方々の作った野菜やお米の販売、焙煎コーヒーの販売、タガヤス堂のドーナツ屋さんは趣向を変えてドーナツ研究所として出店されていました。

今井 美乃里さんの作られた無農薬米。

無農薬米

こだわりの焙煎コーヒーは、パッケージラベルが収穫祭バージョンで登場。

焙煎コーヒー

ドーナツ研究所では、トッピングのカスタマイズできるドーナツが販売され、自分好みのドーナツにできる試みも。

ドーナツ研究所

ドーナツ

ドーナツ

ドーナツ

まとめ

廃校が地域の拠点になり、そこに人が集うことで人も廃校も生き々していました。自分の通っていた学校が廃校になっても地域の拠点になり新たな活動の場として生まれ変わるのって廃校になった学校も喜んでいるような気がします。

税金を使って現代的な新たな施設を作るよりも今ある地域の拠点をそこに住む住民と話しながら最適なものとして活用していくスタイルがこれからの少子高齢化社会には必要な発想だと感じました。

大滝学舎は、新潟日報社とUX新潟テレビ21による共同企画「復校NIIGATA」で新潟県内にある4箇所の廃校施設を活用した取り組みを紹介する場として紹介されたそうです。
復校NIIGATA 

今後の活動も楽しみにしたいと思います。

The following two tabs change content below.
MIHOKO

MIHOKO

ブランディングデザイナー。ユニフォームデザイナーの経験を生かしてファッションからグラフィックまで幅広く手がけています。佐渡島が大好きで、佐渡と住まいの二拠点居住を模索中。佐渡をキーワードにいろんな人と繋がっています。住むところに縛られず、自在に人生を謳歌して、周りを幸せにできる人になりたいと思っています。詳しいプロフィールはこちら
URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top