Read Article

佐渡|UMAMI LaBoによる佐渡の酒蔵の酒粕を使ったコース料理を堪能してきました。

UMAMI LaBoというネーミングから伝わってきた食への追求

会場は、佐和田にあるGuest Villa on the 美一の1階に入っているレストラン「SEISUKE next door」にて行われました。

メンバーのお顔を拝見して、これは只ならぬ面々。
佐渡ヶ島出身の方より、島外から移住して来られた方の方が多いようにお見受けしました。

そんなこともあり、既成の概念にとらわれないコラボレーションから生み出されたメニューの数々が出されました。

UMAMILABO

まずは味見をしてみてくださいということで用意された酒粕をいただきます。手前から「拓」「金鶴純米」「至」「山廃」の4種類。逸見酒造と加藤酒造のお酒から作られた酒粕ですね。

酒粕

あらかじめ水に3時間つけてアルコールをとばして用意されたそうですが、それぞれはっきりとと個性と違いがあってこの味比べは面白かったです。

逸見酒造の「至」は粒がはっきりと残っています。

酒粕

主催者も参加者も一緒に楽しんでいい雰囲気でスタート。

UMAMILABO

今回は、厨房の中に入って調理しているところの見学がOKだったので、写真を撮らせてもらいました。

UMAMILABO

スクリーンに映し出されたのは、加藤酒造の酒蔵でお酒を仕込みんでいるところ。普段は酒蔵見学を行なっていないので、これは貴重な資料ですね。

UMAMILABO

前菜から

UMAMILABO

T&Mベーカリーのパンとオリーブオイル

UMAMILABO

いごねりの上にトッピングされたのはふきのとう

UMAMILABO

 

UMAMILABO

 

UMAMILABO

スパークリングの赤ワインがよく合います。

UMAMILABO

 

UMAMILABO

茂左衛門(もぜむ)の十割そば

UMAMILABO

酒粕を使ったチーズケーキと佐渡産のフルーツのデザート

UMAMILABO

酒粕の分量が多いとお料理全体が酒粕の味になってしまうのどのくらいの分量を使うかが腕の見せどころのよう。

厨房では、ライブ感を大事にして調理をされているそうです。
そこが、ラボって感じですね。

最後に記念写真を撮らせてもらいました。

UMAMILABO

次回は、4月にイベントの開催を予定されているそうです。暖かくなったら屋外での開催も面白そうね〜と話しも弾んで、心もお腹も満たされたとってもいい時間でした。

今後のイベントの開催情報は、こちらから。

新潟 佐渡ヶ島の複合施設 | Guest Villa on the 美一 | 佐渡ヶ島の南西、真野湾に面して建つGuest Villa on the 美一は、 宿泊・レストラン・ファンクションホールがひとつの建物内で共存する複合施設です。

The following two tabs change content below.
MIHOKO

MIHOKO

ブランディングデザイナー。ユニフォームデザイナーの経験を生かしてファッションからグラフィックまで幅広く手がけています。佐渡島が大好きで、佐渡と住まいの二拠点居住を模索中。佐渡をキーワードにいろんな人と繋がっています。住むところに縛られず、自在に人生を謳歌して、周りを幸せにできる人になりたいと思っています。詳しいプロフィールはこちら
URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top