Read Article

第79回こすぎナイトキャンパス読書会|大和田聡子さん著「ワインとパンに恋して」を実食しよう!に参加して来ました。

こすぎナイトキャンパス読書会79回目(2016年5月24日開催)

武蔵小杉駅周辺に在住、在勤している人、武蔵小杉が好きな人などが参加している読書会です。

読書会

今回は、ワインとパンの実食ができる読書会ということで、これは行かねば〜と前のめりぎみに参加して来ました。

武蔵小杉のタワーマンションの高層階、多目的ルームには、20名ほどの大人が集まり、わいわいと始まりました。

本「ワインとパンに恋をして」世界一ちいさなワインショップ&パン工房からの著者 大和田聡子さんをお迎えして開催

著者ご自身からお話しを伺うことができ、今回はさらにこの読書会のために特別に作ってくださったパンも味わえるとのことで、なんて贅沢な読書会なんでしょう〜。

著者の大和田聡子さん

著書は、大和田さんが会社を辞め、洗足にある自宅を改装して、パン屋を開業するまでのサクセスストーリーが綴られています。
お父さまが開発された国産小麦「こゆき小麦」を途絶えさせたくないという思いから、ひとりでパン屋を開業され、ワインの販売も行ってらっしゃいます。
この本を読んでいると、国産小麦のパンと国産ワインを味わいたくなります。

いざ、実食!

本来なら、本を読んだ内容をディスカッションするのが読書会なのですが、今回は実食編ですので、早速、テイスティングから。

ワイン

 

テイスティングカップ各テーブルごとに自己紹介とワインにまつわるエピソードなどを話しながら、配られたリスト順に飲んでいきます。

最初は、スパークリングワイン「カ・フルラン・プロセッコ・キュヴェ・ベアトリーチェ   NV(イタリア)」から。

 

軽めでフルーティー、気分も軽やかになります。

プロセッコ

白ワインに合うパンも一緒に

オレガノ入りフォカッチャ、クリームチーズのブリオッシュ、杏とプルーン入り全粒粉のパンなどそれぞれのワインに合わせておすすめのパンがセレクトされています。

パン

15種類の中で一番美味しかったワインは、「ケルナー・アバツィア・ディ・ノヴァチェッラ(イタリア)」

爽やかな酸味とフルーティーな味わい。オレンジビターのパンがこれまたぴったり。
ケルナー

 

琴欧洲関が結婚式の引出物に選ばれた「TT ホワイト (ブルガリア)」もテイスティング

ワイン引出物に使われたワインの味を知って、ちょっとした会話の話題にも使えそう。

この後、赤ワインとそれに合うピリ辛ソーセージ入りのパンなども味わい、15種類のテイスティングを終えました。

ワイン

テイスティングだから大して酔わないのでは?と思っていたら、大間違いで前半の白ワインを飲み終わったところでほろ酔い。

後半の赤ワインで何が良かったのか記憶が薄れ、覚えてな〜い(笑)

振り返って

ワインとチーズという組み合わせは、良く聞きますが、ワインとパンの組み合わせってどうなのかしらと思ってました。

ワインの知識もあまり無く、それに合うパンを選ぶとなるとさらにハードルが上がり、イメージが湧かなかったのですが、大和田さんのワルン・ロティのパンを食べるとはっきりとこのワインには、このパンが合う!合う!と納得。

パンだけでワインを片手にっていうのは、ありだわと大きく頷けます。

著書を事前に読めなかったので、開催後に読んで、うちの食卓に合うワインを探してみようと思いました。
ワルン・ロティへようこそ → http://warungroti.p2.bindsite.jp/Sites2/index.html

こちらの記事もいかがでしょうか。

 

 

The following two tabs change content below.
MIHOKO

MIHOKO

ブランディングデザイナー。ユニフォームデザイナーの経験を生かしてファッションからグラフィックまで幅広く手がけています。佐渡島が大好きで、佐渡と住まいの二拠点居住を模索中。佐渡をキーワードにいろんな人と繋がっています。住むところに縛られず、自在に人生を謳歌して、周りを幸せにできる人になりたいと思っています。詳しいプロフィールはこちら
URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top