Read Article

佐渡|ハローブックス2016 ワークショップで佐渡産小麦を使用した冷やしラーメン作りとオリジナルプリントバック作りを体験してきました。(2016.9.19)

佐渡産小麦を使った麺作りからスタート

佐渡の北部にある石花で採れた小麦を使用して麺作りから始まりました。

教室

小麦をこねて袋に詰めたものを家庭用製麺機で延ばしていきます。

小麦

アシスタントのイケメン先生に教わりながら上機嫌で進んでいきます。難しいところはお任せ。

麺作り

袋から取り出し、棒状にして製麺機で延ばして、板状にします。

麺作り

この作業を何度か繰り返します。

わたしの背中越しに写っているのが、先生の玉置豊さんです。

麺作り

だんだんと薄くなってきていい感じ。

麺作り

これを細くカット。製麺機の後ろ側に金具をセットして手回しで麺状にするので包丁でカットする作業がないので簡単に麺になるのがいいですね〜。

完成した麺

初めての麺作り!なかなか楽しい。

こちらを茹でて特性のあごだし汁をかけて完成!美味しかったです。

冷やしラーメン

続いてオリジナルプリント入りのバック作りを体験

人気イラストレーターの100%オレンジさんの描き下ろしイラストをシルクスクリーンでプリントしていきます。

プリント入りバック作り

数種類のイラストと下地にするバックの型の中から選びます。

完成形はこんな感じ。

バック作り

それでは実際にプリントに挑戦。

本番にプリントする前に手順を練習しました。

バック作り

それではプリント!

バック作り

型を外してみると、ん?

バック作り

拡大すると、んーーー文字が読めない(泣)

乾かすとまたいい具合になるのでは?!という期待を持ちつつ、
1時間後に取りに行くことにしました。

バック作り

先生、不憫に思われたのかサンプル品を交換してもいいですよと言ってくれまして、わたしのインクこんもりしたバックと交換してくださり、きれいにプリントされた方をいただいてきました。

ありがたや〜

まとめ

参加型のワークショップはどちらも短時間で制作できる工夫をされており、親子連れで参加しやすいスタイルになっていました。子どもだけとか大人だけが楽しめるものではなく両者が一緒に作って楽しめるワークショップになってるところが良かったです。

ハローブックス2016のこちらの記事もいかがでしょうか。

 

The following two tabs change content below.
MIHOKO

MIHOKO

ブランディングデザイナー。ユニフォームデザイナーの経験を生かしてファッションからグラフィックまで幅広く手がけています。佐渡島が大好きで、佐渡と住まいの二拠点居住を模索中。佐渡をキーワードにいろんな人と繋がっています。住むところに縛られず、自在に人生を謳歌して、周りを幸せにできる人になりたいと思っています。詳しいプロフィールはこちら
URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top