HOME

ユニフォームデザイナー海老名美保子のわくわくを伝えるブログ

佐渡と住まいと行ったり来たりすることで二拠点生活を目指して活動中。詳しくはこちら。
ユニフォームのデザイン、ダンス衣装、名刺などのデザインの仕事をしています。詳しくはこちら。
ビリヤニ

世界三大炊き込みご飯のひとつインド料理のビリヤニを初めて食べました。

ランチでインドカレー屋さんに行ったのですが、いつもならナンとカレーのセットにするところ、名物「ビリヤニ」とメニューに書かれてあり、なんとも美味しそうな見た目に惹かれて初めて注文してみました。 こちらがそのビリヤニ。 ターメリック、クミンなどのスパイスが効いていい香り。 インドの高級米「バスマティ」を使用していて、日本の...

日光珈琲 玉藻小路

栃木県|日光珈琲 玉藻小路が昭和レトロな雰囲気のカフェで落ち着きます。

道の駅 日光の建物の脇にある小路を進んだ中ほどにお店があります。 小路から見た店内。とっても好みの雰囲気です。 お店の扉が引き戸で昭和のかおりが漂ってきます。 広々とした店内で、ゆったりした時間が流れているよう。 店内に入ると古民家レトロな趣で、外の喧騒から逃れてゆったりした時間にシフトされていきます。 壊されつつあっ...

ベルニナミシン

ベルニナミシンの実物をホビーショーで見てきました。買うなら3シリーズ辺り。

ホビーショーでのベルニナのブース。 創立125周年記念ということで、350(写真左の機種)がゴールドバージョンで発売されています。金運アップするかも!? わたしが購入したいと思っている3シリーズというのは、品番330、350、380のことです。 高価なミシンなので実物を見て検討。 ベルリナミシンは、ミシンを使っていて感...

自宅の1室をアトリエに。理想のアトリエにするためにまずはPinterestでイメージを収集。

自宅の1室をアトリエに。理想のアトリエにするためにまずはPinterestでイメージを収集。

今年は、自宅の1室をものづくりをするためのアトリエにしたいと思い、まずはどんなアトリエにしたいかPinterestのアプリでイメージを収集しています。 引用:Pinterestより 引用:Pinterestより 白を基調にミシンで作業もできて、横にMacを置いてデザインワークもできるようにしたいな。 ものづくりをしてい...

幸せなクローゼットの育て方

「いつでもおしゃれ」を実現できる幸せなクローゼットの育て方byミランダかあちゃん|輪湖もなみ〜実践的な方法で自分らしいスタイリングに迷いが無くなる〜

ミランダかあちゃんのクローゼットマップを初めて見た時に、これを自分でも作れたら無駄な買い物がなくなり、自分のスタイルも確立されるのではないかと思いました。 即座に選べて、ときめく服だけが揃った大人のクローゼット 大人のクローゼット!に憧れます。 ミランダかあちゃん流クローゼットマップ 持っている洋服をベイシック1軍、2...

ミランダかあちゃん

ミランダかあちゃんの新刊『「いつでもおしゃれ」を実現できる幸せなクローゼットの育て方』のトークイベントに行ってきました。(2018.4.5開催)

ミランダかあちゃんこと輪湖もなみさんの新刊『「いつでもおしゃれ」を実現できる幸せなクローゼットの育て方』のトークイベントに行ってきました。 会場は、二子玉川にある蔦屋家電。30代〜50代位の女性が多かった印象。 今回のイベントでは、1.新しい服を買ってもおしゃれにならないのはなぜ?、2.おしゃれで自分を表現する方法、3...

丁寧に暮らしている暇はないけれど

本|一田憲子さん著「丁寧に暮らしている暇はないけれど 時間をかけずに日々を豊かに楽しむ知恵」を読んで。面倒くさがりだけど暮らしを大切にしたい人にぴったりな一書。

一田 憲子さんは、「暮らしのおへそ」、「大人になったら、きたい服」などの数々の女性誌の編集、ライターをされている方。 その手掛けられるお仕事の内容から、さぞ丁寧な暮らしをされているというイメージが周りから持たれているようなのですが、実は真逆で生まれながらのおおざっぱ人間なのだとか。 おおざっぱ人間OKで安心した。 本書...

旅ルミネ佐渡島

旅ルミネ meets 佐渡島で素敵な佐渡に会ってきました。(2018.3.23-24開催 新宿NEWoMan)

旅ルミネとは。 その場所に行きたくなる、新しい出会いのある「旅」の道しるべを提案するという、魅力あふれる日本の地域とのステキな出会いをつなぐプロジェクトなのだそう。 第1弾は、わたしの好きな佐渡島!めちゃ嬉しい。 さらに新宿駅直結のNEWoManでの開催。いわゆる物産展とは違ったルミネならではの切り口と視点で若者層をタ...

三尋木奈保さんの本

本|Oggiエディター三尋木奈保さん著「My Basic Note 2 “きちんと見える”大人の服の選び方」は、等身大の自分の着こなしをアップデートしたい女性に向けた、寄り添うファッション本。

Oggiは、30代の頃に良く購入して読んだファッション誌です。懐かしい。今は、美容院の待ち時間に読む程度になっちゃいましたが。 そのOggiのファッションエディターで、40代半ばとなった三尋木さんの2冊目の本です。 偉ぶってなくて、等身大なのがいいなと感じました。 三尋木さんのファッション観が、心に寄り添う文章で綴られ...

ミシン

次にミシンを買い換えるならスイス製のベルニナミシンがいいと思う。

わたしが学生時代からずーっと使っているのが、ブラザーの工業用ミシンなのですが、これが糸調子のメモリが付いていないので、毎度、糸調子のストレスが発生。 そのため、次第にミシンの出番が少なくなってきています。 工業用だから馬力はあるのですが、なかなか手強い。 わたしのようにミシンとの相性で苦労されている方は、結構いらっしゃ...

Return Top