本

本| 顔、肉体、服のシワ「人物デッサンのすべて」ロバート・バレット著からデッサンの技法だけでなく、描く楽しさを教えてくれる一冊。

テスト テクニックだけでなく、捉え方やアプローチの仕方など筆者の豊富な経験に基づいたエピソードも書かれているので読み物としても面白い本です。 さらに表紙に書いてあるキャッチコピーに惹かれて衝動買いしました。 これ1冊で人物デッサンがみるみる上達 これがデッサンだ!! と後押しされたら、もうこれは買わねば。単純だわ、わた...

bonとponふたりの暮らし

本「bonとponふたりの暮らし」目指すのはこんな夫婦ふたりのリンクコーデ。進化系ペアルックに好感が持てます。

わたしが、おふたりを知ったのは、Instagramで。 同じものを着るペアルックではなく、ボーダーとかチェック、赤やモノトーンなどキーとなるアイテムや色を合わせつつ、でもずらしつつ、ふたりが並んで見ると調和が取れているコーディネート。 なんて絶妙なんでしょう。 バランスがいいので、ずっと見ていたくなるんですよね。 60...

読書会

メガネスタイリスト藤 裕美著「あなたの眼鏡はここが間違っている」の読書会に参加してきました。(第109回こすぎナイトキャンパス2017.9.13開催)

武蔵小杉で行われている「こすぎナイトキャンパス」の読書会に参加してきました。今回は、眼鏡スタイリストの藤 裕美さんの新著「あなたの眼鏡はここが間違っている」が課題図書です。 読書会は、本はあらかじめ各自で用意し、読了していなくても参加OKというゆるめな条件で参加ができます。 早速、感想をシェアするところからスタート。 ...

本

アフリカ ケニアでナッツカンパニーを創業した佐藤芳之著「歩き続ければ、大丈夫。」に学ぶ。

佐藤芳之氏は、20代でアフリカに渡り、35歳で立ち上げたナッツ・カンパニーを世界五大マカダミアナッツカンパニーに育て上げた起業家です。 25万人の生活を大きく変化させ、その後68歳で会社をケニア人に譲渡。その後、ルワンダでナッツカンパニーをスタート。70歳を超えた今でも新しいビジネスに挑戦し続けています。 合言葉は「フ...

本

本「なるほどデザイン 目で見て楽しむデザインの本。」は、デザイナーの頭の中で何がどういう流れで組み立てられていくのか手に取るように分かります。

表紙のデザインからして分かりやすい。  なるほど〜と子どもの声が聞こえてきそうな表紙のデザインですよね。 平易に柔らかく書いてありそうな期待をさせます。 下の方に小さく「デザイン=楽しい」を実感できる! デザイナーのあたまの中を豊富なビジュアルでひも解く と書かれてあり、まさしくこの通りの本です。 どんなデザイナーが読...

本

本「ぽっちゃりめの人のファッションルール」体型が気になる大人の女性コーデ術!取り入れたいテクニックが満載の1冊。

感覚ではなくテクニックさえ見につければセンスなんて無くても着こなしを楽しめる。そんな頼れるファッションのテクニック本を見かけることが多くなりました。 そんな本の中でも「ぽっちゃり」さんに焦点を当てた本が、今回紹介する「ぽっちゃりめの人のファッションルール」です。 スタイルUPできる魔法の法則 体型が気になる大人の女性の...

「1日がしあわせになる朝ごはん」小田真規子・小野正人著|これでなきゃ!という義務感から、楽しみな朝ごはんに変えてくれる本。

「1日がしあわせになる朝ごはん」小田真規子・小野正人著|これでなきゃ!という義務感から、楽しみな朝ごはんに変えてくれる本。

  朝ごはん食べてますか? わたしは、会社員時代は朝はギリギリまで寝ていたいタイプだったので 平日は、食べないことの方が多く、会社に着いてからコンビニで買った豆乳とパンを食べるなんてことは日常茶飯事。 朝ごはんを食べた方がいいことはわかっていてもそれが出来ない人でした。 それが会社員を辞めて、きちんと毎朝、朝...

本

佐藤オオキ氏著「400のプロジェクトを同時に進める 佐藤オオキのスピード仕事術」を読んで仕事に対する姿勢をリセットさせられました。

佐藤オオキさんは、世界的に評価されているデザイナーで建築、インテリア、プロダクト、グラフィックと多岐に渡って仕事をされています。 数々の賞を受賞され、かかえるプロジェクトが400件以上。 そんな佐藤オオキさんの仕事術が、書かれている本です。 その中でもここは!と思ったところをブックレビューします。 「時間をかけるほどア...

本

料理をおいしく撮りたい!カメラマン佐藤朗氏著の「もっとおいしく撮れる! お料理写真10のコツ 」が分かりやすいてオススメ。

この料理、美味しかったのに! 写真が今いちだったな〜残念 と撮影後に思うことがあります。 SNSで料理の写真を投稿することも増え、 もっとおいしそうに撮れるようになりたいと 思うようになりました。 基礎的なことをマスターしたい 今まで写真のテクニック本は、 何冊か読んでみましたが、網羅している分野が広すぎて、何からやっ...

本

「なぜ一流の人は自分の部屋にこだわるのか」八納 啓創著を読んで。

あなたは、なぜ今そこに住んでいるんですか? と問われると お互いの通勤に便利だから。 わたしの場合これなのですが、 家賃が安かったから、緑に囲まれた環境だから など人それぞれ選んだ理由はあるものの 本書では、住環境、職場環境が人に与える影響について 書かれてあり、安直に住むところを選んではいけない と示唆されています。...

Return Top