Read Article

眼鏡スタイリストの藤裕美さんのアドバイスから、自分のライフスタイルに合わせて眼鏡の度数を下げたら疲れにくくなりました。

眼鏡の買い替えようと思ったのは眼鏡スタイリストの藤裕美さんからメガネの選び方をアドバイスしていただいたことがきっかけです。

遠くが良く見える矯正が果たして良いのか。

今まで眼鏡を購入する時に遠くの小さな文字がくっきりはっきり見えるものが良しとされ、
それに見合った眼鏡を作っていましたが、果たしてそこまでくっきり見える必要があるのか疑ってみた方がいいようです。

普段の生活でどのくらいの距離まではっきり見える必要があるのか?

藤さんから「見え方を今一度、意識してみた方がいいですよ」と言われ、普段の生活で意識して見ました。

わたしの場合、普段、自動車の運転をする訳ではないのでそれほど遠くまで見える必要はなく、朝から夕方までPCの画面を見ていることが多いので手元から中距離がはっきり見えていればOK!

自分のライフスタイルに合わせて眼鏡を購入しました。

フィッティングと視力検査を丁寧に行ってくれる眼鏡店で眼鏡を新調。

眼鏡店ブリンク

購入の際にどういう使い方をするのかをきちんと伝えて、フレームとレンズを選びました。

今まで使用していた度数から下げて中距離程度がはっきり見える程度の度数に。

眼鏡

フレームが軽く長時間かけていてもずり落ちることなく、とても楽です。

いま使用している眼鏡で肩こり、疲れを感じていたら度数を見直して見るのもいいかもしれません。

眼鏡スタイリスト 藤裕美さんのこちらの記事で視力について書かれているので参考にしてみてください。

投稿者プロフィール

MIHOKO
MIHOKO
ユニフォームデザイナー・ファッションイラストレーター。佐渡島が大好きで、佐渡と住まいの二拠点活動をしています。住むところに縛られず、自在に人生を謳歌して、周りを幸せにできる人になりたいと思っています。詳しいプロフィールはこちら
URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top