Read Article

1日1写〜料理の写真〜 1日目 。佐藤朗氏著「もっとおいしく撮れる お料理写真 10のコツ」から学ぶ。

写真を学びたいと思ったきっかけ

デザインの依頼でチラシやDM、ポスターなどの制作依頼を頂くことがありますが、写真を使用する場合写真の仕上がりがデザインの良し悪しに大きく影響してきます。

写真の仕上がり8割、デザイン2割という割合でしょうか。

提供された写真がイマイチの場合、素材集から探すことが多いのですが、イメージ通りのものが少ない、有っても金額が高い、探すのに時間がかかると言ったことがあります。

それならば、自分が撮影できるようになれば、デザイナーがカメラマンも兼ねればいいんじゃないの〜という訳で写真について学んでいくことにしました。

毎日撮る

イラストが上手くなりたかったら毎日描く、野球が上手くなりたかったら毎日素振りをするなど、日々のトレーニングと積み重ねがものをいう時が来ると思うので、素人で分からないなりにも、毎日、撮り続けようと決めました。

撮影するのは、料理

なぜ、料理なのか?
今後のわたしの仕事の分野は、デザイン×食に関わっていきたいので、ターゲットを絞りました。
いずれ料理の写真撮影だけでも仕事が依頼されるレベルまで高めていきたいと思っています。

1日1写

ブログで自分の写真のレベル、学び、成長を読者のみなさんに晒すことで応援してもらいたいと思ってますのでヨロシクお願いしま〜す。
またこんな素人でも毎日撮っていたら、いつの間にかこんな凄いレベルになっていた!と読者の方と一緒にブレークスルーポイントを味わってもらえたら面白いのでは?
という勝手な巻き込み力を発揮です(笑)。
今日はどのくらい?上手くなったのか見に来てもらえると嬉しいです。

今日の1日1写

料理:グリンピースの冷たいスープ
お店:THE THEATRE TABLE (シアターテーブル)渋谷ヒカリエ
撮影:店内中央・ランチタイム
加工:写真の仕上がりをPCで確認してしたところ暗かったので、Photoshopのトーンカーブで明度を調整。
カメラ:SONY6000α
グリンピースの冷たいスープ
佐藤朗氏の著書から意識したこと
・お皿の片側を画角から外す。
・お皿についた汚れを拭く。
撮影してみての振り返り
ピントを合わせるのが難しく、背景とお皿の面積の比率が画面に対してどの位のバランスがいいのか?撮影中に分からなくなりました。
この辺りは、今後、量をこなしていい具合を見つけたいと思います。

佐藤朗氏の著書に関する記事はこちら

The following two tabs change content below.
MIHOKO

MIHOKO

ブランディングデザイナー。ユニフォームデザイナーの経験を生かしてファッションからグラフィックまで幅広く手がけています。佐渡島が大好きで、佐渡と住まいの二拠点居住を模索中。佐渡をキーワードにいろんな人と繋がっています。住むところに縛られず、自在に人生を謳歌して、周りを幸せにできる人になりたいと思っています。詳しいプロフィールはこちら
URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top