Read Article

佐渡|へんじんもっこの直営レストラン「de Vinco(デビンコ)」でカジュアルイタリアンを愉しんで来ました。

へんじんもっこって何?

そもそも最初にこのユニークなネーミングが何を意味するのか気になりますよねー。へんじんもっこの「もっこ」は佐渡弁で頑固者の意味で変人なまでに頑なまでの物づくりを追求されるところからその名前がきているようです。本場ドイツの製法で加工されるソーセージとサラミの工房がへんじんもっこです。

直営レストランが年末まで通常営業

佐渡島で12/30まで営業されている飲食店は数少ないのですが、帰省する側からすると佐渡島の美味しいものをレストランや居酒屋で食べたいと思うので営業されているのは、とても嬉しいです。

予約を入れて行くのがおすすめ

カウンター席とテーブル席で合わせて27席あるそうですが、この日は、混んでいてほぼ満席に近かったので事前に予約を入れてから行くのがおすすめです。

お店は白を基調とした外観が特長

お店の外観▲看板が出てないのでうっかりお店の前を通り過ぎてしまいましたが、白を基調とした外観と大きな窓から漏れる明かりが目印。

灯りが特長的▲照明にこだわっているのが特長的。

カウンター席▲カウンター席。こちらのライティングも素敵ですね。

テーブル席▲テーブル席。この他にソファ席もあります。

メニュー

メニュー▲前菜、サラダ、パスタ、ピザ、デザート。

ドリンクメニュー

メニュー

それでは注文

前菜

チーズの盛り合わせ▲前菜は、チーズの盛り合わせ(750en)

へんじんもっこの盛り合わせ▲焼きソーセージ、チョリソー、粗挽きウインナーのへんじんもっこおすすめの温かい盛り合わせ。
(1,400en)

 

サラダルレクチェと生ハムのサラダ▲佐渡のフルーツと言えば西洋なしのルレクチェ。生ハムとの相性が良くバルサミコソースをかけて。
ルレクチェと生ハムのサラダ(1,200en)

パスタ

パスタ▲ロマネスコとベーコンのトマトソースのスパゲティ(900en)

ピザ

ピザ▲ポルチーニ茸のピザ〜トリュフオイルがけ〜(1,600en)。

これ以外のメニューも数人でシェアしていただきました。どれも美味しかったです!
また行きたいレストランです。

お店の情報

へんじんもっこ直営レストラン de Vinco(デビンコ)
住所:〒952-0102 新潟県佐渡市新穂青木749-3
TEL:0259-58-7027
営業時間:18時〜22時(ラストオーダー21時まで)
定休日:火曜日
駐車場:約15台

へんじんもっこ のFacebook→ https://www.facebook.com/henjinmokko
へんじんもっこのブログ さどとりっぷ→ http://yaplog.jp/sadotrip/

もうひとつ読んでいきませんか

佐渡島の風を感じられる居心地のいいベーカリーカフェSHIMAFUMI(しまふうみ)に行ってみた – 晴れときどき佐渡 → http://ebisado.com/sado20140913/

佐渡の小木港から歩いて7分!100年前の古民家をリノベーションしたカフェ「手ぬぐいとコーヒーの日和山」に行って来ました。 – 晴れときどき佐渡 → http://ebisado.com/sado20150720-2/

佐渡の小木港から歩いて7分!100年前の古民家をリノベーションしたカフェ「手ぬぐいとコーヒーの日和山」に行って来ました。 – 晴れときどき佐渡 → http://ebisado.com/sado20150720-2/

佐渡島で人気の「回転寿司 弁慶」は、地物の新鮮ネタがお手頃価格で食べられてオススメ! – 晴れときどき佐渡 → http://ebisado.com/sado20151231/

 

 

The following two tabs change content below.
MIHOKO

MIHOKO

ブランディングデザイナー。ユニフォームデザイナーの経験を生かしてファッションからグラフィックまで幅広く手がけています。佐渡島が大好きで、佐渡と住まいの二拠点居住を模索中。佐渡をキーワードにいろんな人と繋がっています。住むところに縛られず、自在に人生を謳歌して、周りを幸せにできる人になりたいと思っています。詳しいプロフィールはこちら
URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top