Read Article

佐渡島のソウルフードは、「いごねり」だっちゃ!

いごねりとは

いごねりは、日本海で獲れる海藻「いご草」を使って作られる食べ物。
主に佐渡を中心に作られ食べられている郷土料理。

いご草を天日に干して乾燥させ、ゴミを取り、選別、
微妙な火加減で文字通り練る様にして水加減を調整しながら煮ていく。

とろみの加減や水の量が難しいという。
火が通ったら、薄く延ばして冷やし固めて完成。
手間隙掛けて作られる海の香り豊かな逸品。

「日本の食べ物用語事典」より

いごねりを食べ比べしてみました

佐渡島では、早助屋(はやすけや)さんのいごねりが有名です。
早助屋のいごねり

 

地元のスーパーで「佐渡 前浜産のいごねり」、「真野 菊地さんの手造りいごねり」が売っていたので食べ比べてみました。
いごねり
 

 

いご草を煮詰めて加工する際に濃淡が出るようです。

いごねりの定番的な食べ方

棒状になったものを5ミリ位の幅で切ります。角型のものもあるようなのですが、巻いてある棒状の方が多く見かけます。
ひとくち大のいごねり

器に持って、すりおろした生姜やかつお節などの薬味をかけ、しょうゆや麺つゆ、ぽん酢をかけて食べるのが一般的な食べ方です。
slooProImg_20160120080546.jpg

 

 

酢みそをかけて食べることもあります。これは、真野鶴の学校蔵の時のイベントで出された佐渡島の郷土料理です。赤い椀に盛ってあるのがいごねりです。

佐渡島のソウルフード「いごねり」は、食卓に無いと寂しく、海藻のミネラルたっぷりで毎日でも食べたいと思わせる底力のある郷土料理です。

 

いごねりはこちらで購入できます

いごねりの老舗の「早助屋」さんのサイト
佐渡 早助屋 いごねり直送便 → http://igoneri.com/

 

The following two tabs change content below.
MIHOKO

MIHOKO

ブランディングデザイナー。ユニフォームデザイナーの経験を生かしてファッションからグラフィックまで幅広く手がけています。佐渡島が大好きで、佐渡と住まいの二拠点居住を模索中。佐渡をキーワードにいろんな人と繋がっています。住むところに縛られず、自在に人生を謳歌して、周りを幸せにできる人になりたいと思っています。詳しいプロフィールはこちら
URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top