Read Article

青森県立美術館のミュージアムカフェ「cafe4匹の猫」でランチをしました。

青森県立美術館は、青森の2大ミュージアムの1つと言われています。美術館に行ったのは2021年5月のこと。アートな女子旅の2日目に訪れました。

美術館の外観。

近くの三内丸山縄文遺跡に着想を得て設計された美術館。巨大な凹凸の塊で囲われ、その向こう側に真っ白い外観の美術館の建物があります。

青森県立美術館

青森県立美術館

木のモチーフが沢山ついて森になっている入口の外壁。まさに青森を象徴するシンボル。

青森県立美術館

シンボルマークは「木」と「a」をモチーフにしています。このマークを単体でというよりも、パターン(繰り返しの群れ)として展開し、美術館のシンボルとしていく方法をとりました。つまり、「青い木が集まって森になる」という成長を描いています。
(青森県立美術館のホームページから引用)

cafe4匹の猫

迷路のような美術館の中を通り、公園に突き出た2F東ウィングの突端にカフェがあります。84席あるゆったりとした空間です。

大きなテーブル席に案内されました。

メニューが絵本仕立てになっており、4匹の猫が登場。

cafe4匹の猫

なんやら猫たちがシャガールのことを話していますが、

cafe4匹の猫

美術館の展示品にシャガールのバレエ「アレコ」の舞台装飾作品があり、1点の大きさは縦が約9メートル、横は約15メートルと巨大。

3面に広がるシャガールの幻想的な世界と筆のタッチに圧巻されます。

シャガールの作品

シャガールの作品

そしてランチに注文したのは、青森といえばシードルよね!ということでパスタに合いそうなシードルをいただきました。ノンアルコールなので車で来ていても飲めますね。

シードル

パスタ

パスタ

奈良美智さんの作品が味わえる。

青森県出身の奈良美智さんの作品がたくさん展示されているのですが、その中でもシンボリックな「あおもり犬」は見たかった作品です。

奈良美智のあおもり犬

高さ8メートルある巨大な犬ですが、この丸さと白さ、表情に癒されます。

奈良美智のあおもり犬

こちらも奈良さんの作品。奈良美智さんの作品

記事を書いていてまた行きたくなりました。見応えのある美術館なのでカフェでひと息つく時間があるといいですよね。

cafe4匹の猫
住所:青森県青森市安田字近野185
営業時間:10:30 – 16:30 (16:00ラストオーダー)
電話番号:017-761-1401
定休日:美術館に準ずる。
※営業に関しましてはホームページでご確認ください。

青森県立美術館のホームページはこちら

おすすめ記事。こちらの記事も読まれています。

小和田現代美術館でランチをするならカフェ&ショップcube(キューブ)がおすすめ。 – しなしな佐渡Design

旅のしおりにアプリtabioriが便利!計画から思い出、旅費の記録まで出来る。 – しなしな佐渡Design

投稿者プロフィール

海老名美保子
海老名美保子
フリーランスデザイナー
ユニフォーム、衣装、パンフレット、名刺などファッションから紙ものデザインまで多岐に渡る。
佐渡島の魅力を自分目線で記事に書いています。ファッション、アート、ものづくり、食に関すること、日々のことについて情報発信しています。詳しいプロフィールはこちら
URL :
TRACKBACK URL :
Return Top