Read Article

佐渡|十千万(とちまん)の玄米粉100%たい焼きが上品な甘さでいくらでも食べられる。

場所は小木の商店街の中ほど。

住所:新潟県佐渡市小木町240-1

日和山カフェから3軒となりにあります。ほっこりかわいい外観です。

お店の外観

めでたい焼きの味は5種類。

以前から行ってみたかった十千万へ年末の帰省のタイミングで行ってきました。

がらがらと引き戸を開けるとふわっと広がるたい焼きの匂い。
手書きのメニュー表が店主のセンスがきらりと光っていていい雰囲気。

メニュー

たい焼きの味は、あんこ、アンなっつ、いもあん、ハムチーズ、ゆずあんの5種類。
めでたい焼きのパフェが気になりますが、寒いのでここはたい焼きのみでいきます。

コーヒーのお味についてはこちらに詳細が。
ドリンクのメニュー表

テイクアウトで全種類を買ってみた。

5種類のたい焼きをテイクアウトでお持ち帰り。

袋に入ったたい焼き

包装紙もいい味出してます。

たい焼き

まわりのざくっとついた皮もそのまま付いてて、飾らないありのままの姿がいいぞ。

定番の味の「あんこ」からいただきました。玄米粉のしっとり感と皮のさっくり具合が軽くて食べやすいです。あんこの味が甘さ控えめでいい。

たい焼き

あんなっつは、予想通りごろっとナッツが入っていていいアクセント。

たい焼き

いもあんは。紫いもの色が鮮やかで見た目にも美味しさ満点。

たい焼き

ハムチーズは、部活の帰りにこんなの食べたよな〜と懐かしさがこみ上げる味。小腹を満たすのにちょうどいいですね。(写真省略)

ゆずあんは、ゆずジャムかな?あんこのアクセントに入ってました。ゆず味が強めですね。

5種類全部をいただきましたが、粉のずっしりくる感じが無く、ぱくぱく食べられちゃいました。粉以外の素材にもこだわりのあるたい焼き。こちらも佐渡の名物になりそうです。

手土産に良さそうです。

めでたいやきのお値段は、各200円(税別)です。

包装紙

店名は、以前こちらで和菓子屋さんをされていた十千万さんの名前をいただいたそうで、店内にはその名残りがありました。

 

お店の営業情報は SNSでの確認してから行くのがおすすめ。

十千万さんのInstagramは「sado.tochiman」で検索。
不定休で営業されているので事前に営業日をインスタグラムで確認されてから行くのがおすすめです。

投稿者プロフィール

海老名美保子
海老名美保子
フリーランスデザイナー
ユニフォーム、衣装、パンフレット、名刺などファッションから紙ものデザインまで多岐に渡る。
佐渡島の魅力を自分目線で記事に書いています。ファッション、アート、ものづくり、食に関すること、日々のことについて情報発信しています。詳しいプロフィールはこちら
URL :
TRACKBACK URL :
Return Top