Read Article

佐渡 新穂中央青年会の鬼太鼓を鑑賞しました。(さど女子ファンクラブモニターツアー2日目。2016年3月)

さど女子ファンクラブモニターツアーの2日目の夜は、食事をしながら鬼太鼓を鑑賞させてもらいました。今回は、新穂中央青年会の皆さんがお越しくださいました。

新穂中央青年会佐渡の伝統芸能の鬼太鼓ですが、新穂中央青年会の鬼太鼓は、鬼と獅子が絡む舞いです。地域ごとに舞い方に違いがあり、現代風にアレンジされたものから昔から受け継がれたものまで様々あります。

新穂中央青年会の鬼太鼓

黒い鬼の面をつけた鬼の登場から始まります。
鬼太鼓次に赤い面をした鬼が登場。獅子と絡むところの舞いがかっこいいので、こちらは動画でご覧ください。(動画27秒)

 

獅子の舞いが素晴らしい

獅子の頭が両手で持たないと支えられない重さなのですが、
これをしっかりと自分の頭に一体化させて持ちます。

さらに後ろで舞う人は、前の人と呼吸を合わせて動きを見ながら、
胴体部分を表現しなくてはならないので難しい。

後でレクチャーしてもらったのでその大変さが分かると舞いの見方が変わりますね。

鬼太鼓この低い体勢で踊れるってすごいと思います。

新穂中央地区青年会の鬼太鼓の情報はこちらから

鬼太鼓~新穂中央青年会 → http://www.geocities.jp/ondeko_ncs/

さど女子ファンクラブモニターツアーのこちらの記事もいかがでしょうか

The following two tabs change content below.
MIHOKO

MIHOKO

ブランディングデザイナー。ユニフォームデザイナーの経験を生かしてファッションからグラフィックまで幅広く手がけています。佐渡島が大好きで、佐渡と住まいの二拠点居住を模索中。佐渡をキーワードにいろんな人と繋がっています。住むところに縛られず、自在に人生を謳歌して、周りを幸せにできる人になりたいと思っています。詳しいプロフィールはこちら
URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top