Read Article

佐渡 鬼太鼓を実際に体験してみました!動画付き(さど女子ファンクラブモニターツアー2日目 2016年3月)

佐渡で各地域で受け継がれている鬼太鼓ですが、今回、特別に新穂中央青年会の皆さんから鬼太鼓を体験させてもらいました。普段は全て男性が行うものなので女性がやらせてもらえる機会は滅多にないこと。

3つのグループに分かれて鬼、獅子、太鼓のレクチャーを受けます。
初心者は、獅子から体験し、次に鬼、最後に太鼓の順でランクアップして行くそうです。

獅子をやってみました

獅子の頭が予想以上に重いんですよ。

こんな感じで回しますと目の前で見せたもらいました。
獅子の頭の回し方

頭の持ち方を教わります。
利き手で内側にある棒を持ち、もう片方の手で顎の下にある棒を持ちます。
獅子ひとつひとつ丁寧に教えてくださり、そして実際に頭を回してみます。

獅子獅子の口を開けて、引き寄せて口を上下にカチッと合わせるのですが、難しい〜。

次に鬼をやってみます

基本のステップを教わったのですが、覚えるのに必死でステップ中の写真は無く。

鬼の中に入っている人。
鬼の中の人鬼の面の目の部分の穴の大きさが直径1〜1.5cmくらいでしょうか。とても小さいので面をつけた時は視界を遮られるそう。さらに髪の毛が目の部分にかかるともっと見えなくなるらしく、日頃の稽古で体感で覚えておく必要があるらしいです。

最後に太鼓をたたいてみました(動画つき)

最初に見本をみせて頂きます。これが一番基本の打ち方です(動画30秒)

 

 

実際に打ってみました。大きな音を出すのが難しいですね〜

太鼓のレクチャー

実際にはこのようにアレンジされて叩いているそうです。(動画16秒)

さど女子ファンクラブモニターツアーのこちらの記事もいかがでしょうか

The following two tabs change content below.
MIHOKO

MIHOKO

ブランディングデザイナー。ユニフォームデザイナーの経験を生かしてファッションからグラフィックまで幅広く手がけています。佐渡島が大好きで、佐渡と住まいの二拠点居住を模索中。佐渡をキーワードにいろんな人と繋がっています。住むところに縛られず、自在に人生を謳歌して、周りを幸せにできる人になりたいと思っています。詳しいプロフィールはこちら
URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top