Read Article

旅ログワークショップ2回目 「自分に合ったデジタル旅ログはどれ?」〜こすぎトラベラーズサロン主催〜に参加。

こすぎトラベラーズサロンの主催の旅ログワークショップの2回目が、コワーギングスペースYou+で行われました。
参加者12名ほどで今回も大いに盛り上がりました。

デジタルツールを使うことで良いこと

・旅の記録を詳細に残せる。
Googleマップ上に写真とコメントをつけたオリジナルのマップを作ることができる。
・後で情報を追加、修正することが可能。
・事前に旅の計画を立てる時に行きたいところを予めチェックして、マップにPINづけすることで旅行中の役立てることが可能。
・過去の旅を振り返りやすくなる。
・他に人に情報をシェアしやすい。

こすぎトラベラーズサロンならではの旅ログのポイント

旅ログのポイント

デジタルツールには何がオススメ?

みんながどんなツールを使ってログを記録しているか聞いたところ、
Googleフォト、Evernote、Instagram、Forsqueaなど。
この辺りは、普段使ってないと何が何だか分からないもの。
そこでツールの使い方、何がオススメなのか、デジタルツールに詳しい
まめとら.comさんからレクチャーを受けました。

まめとら.com → http://mame-tora.com/

旅ログのポイント

全てを記録しようとすると、せっかく旅行に行ったのに窮屈なものになりかねないので
ポイントとして「目的に応じて、無理なく自分らしく」行うこと。

スマホで写真を撮るとGPS機能がついているので、
位置情報も記録でき、旅行中はとにかく写真を撮ることがオススメだそう。
動画もいいですね。

スマホならキーワードを入れて検索することが出来るので大量に撮影しても
ピックアップしやすいですね。
こちらは、佐渡の「小木」で検索したところ。
旅の記録を検索

それでは旅ログを元にマップを作ってみましょう

パソコンを使って作成した方が作業がしやすいのですが、この日は持参しておらず、
Keynoteのアプリを使ってiPhoneで作ってみました。

マップはもちろん佐渡島です〜。
よく佐渡ってどんな形をしているのか聞かれるので全体マップをGoogleで検索して画面をスクショ。(注)車で行けるのは新潟までです。
佐渡の地図

Keynoteを使ってマップ作成

Keynoteとは、Appleが開発したプレゼンテーションソフトで写真画像、図形を簡単に挿入でき、PowerPointに似たような資料作成ができます。iPhone、iPadではアプリをダウンロードすると使用することが可能です。

約1時間で作成したマップがこちら。
写真をピックアップして配置するので精一杯でしたが、作成していて楽しかったです。
佐渡の旅ログ

みんなで発表

前回の手描きのマップをデジタルで作成するとこんな感じ。
ピンポイントで行ったところの地図に写真を配置され、コメント付きになっています。
完成したマップ

行ったことの無い場所もマップで紹介されると旅の思い出とともに楽しさが伝わってきて
今度行ってみたい旅先として候補に上がりますね〜。

普段使っていないデジタルツールを駆使して旅ログをつけてみたいと思いました。

こすぎトラベラーズサロン →http://travellers-ksg.blogspot.jp/

旅ログのワークショップのこちらの記事もいかがでしょうか

The following two tabs change content below.
MIHOKO

MIHOKO

ブランディングデザイナー。ユニフォームデザイナーの経験を生かしてファッションからグラフィックまで幅広く手がけています。佐渡島が大好きで、佐渡と住まいの二拠点居住を模索中。佐渡をキーワードにいろんな人と繋がっています。住むところに縛られず、自在に人生を謳歌して、周りを幸せにできる人になりたいと思っています。詳しいプロフィールはこちら
URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top