Read Article

フードスタイリスト岡本ゆかこさんのお菓子教室でイチジクのスフレロールを作ってきました。

わたしが、お菓子教室に通う時のポイントとして、フルーツを使っている、フードスタイリストさんが主催している。この2点から探して行ってます。

9月は、フードスタイリストの岡本ゆかこさんのお菓子教室に行ってきました。

教室について、グリーンスムージーをいただいてひと息つきます。

スムージー青梗菜とパイナップルの組み合わせだったのですが爽やかな味で美味しかったです。

イチジクを丸ごとそのまま入れたスフレロール

皮ごと食べられる品種があるそうでこれなら皮ごと巻けるそうなんです。

イチジク

スフレロール作りからスタートしましたが、工程はネタばれになるので省略しますが、お菓子づくりを通して教わったことに

お菓子づくりにも80対20の法則でいきましょう

えっそうなんですかー

先生から「頭で思っているよりも手は先に動いているので、目指すところの8割位の出来を目指すとちょうどいいですよ」と言われました。

確かに牛乳を測ると分量以上に入れてしまい、スポンジにクリームを塗る時は、8割程度塗ったら方向を転換しましょうと言われていたのに端まで塗ってしまうなど、全くもって上手く出来ません。

頭で理解できたつもりでも手は動いてる!今まで気がつきませんでした。

ひとつ賢くなったと思いましょう。

完成後に撮影をしました。

自然光の下で撮影。

イチジクのスフレロール

板を床に置いたコーディネイトだったのでInstagram向きの真上から撮影するアングルも素敵にはまります。

イチジクのスフレロールスポンジがふわふわしていてマスカレポーネのクリームがしっとりしていて美味しかった!イチジクと合いますね〜。これを再現できるようにしたいわーと思いながら、まずは道具を揃えねばと思っているところです。

まだまだ試行錯誤中です。

つい最近、周りから美保子ちゃんは、いろいろやり過ぎてて何をやりたいのか分からない。と言われました。そう見えますか?わたしの中では自分の軸でゴールに向かって進んでいるつもりなんだけどな、恐らくわたしの強みにある着想に基づいた行動がそう写るようです。

理解不能でしたら見守っててくださ〜い。

The following two tabs change content below.
MIHOKO

MIHOKO

ブランディングデザイナー。ユニフォームデザイナーの経験を生かしてファッションからグラフィックまで幅広く手がけています。佐渡島が大好きで、佐渡と住まいの二拠点居住を模索中。佐渡をキーワードにいろんな人と繋がっています。住むところに縛られず、自在に人生を謳歌して、周りを幸せにできる人になりたいと思っています。詳しいプロフィールはこちら
URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top