Read Article

京都で街と一体になった新たなアートシーンを体感できるARTISTS’ FAIR KYOTO 2022に行って来ました。

京都&大阪アート旅と題して、3月5日にアーティスツフェアキョウト2022へ足を運びました。

展覧会は、現代芸術家の椿昇氏がディレクターを務め、国内外の第一線で活躍する17組のアーティストの作品と彼らの推薦を受けた新進気鋭の若手アーティストの作品が展示。

イベントは、3月5日と6日の2日間と短い会期のため、初日に主要な会場を回れるように工程を組んで行きました。

会場の全体像がこちら。

マップ

清水寺→京都新聞ビル→京都府京都文化博物館 別館という順で3会場へ向かうことにしました。

清水寺の会場。

清水寺の西門前、三重塔横、経堂、成就院の4箇所を中心とした会場では14組のアーティスト作品が見られるようになっています。

清水寺

歴史的建造物と現代アートのコラボレーションが刺激的です。

わたしが親しみがあるアーティストといえば塩田千春さん、ヤノベケンジさん、そして前日に知った名和晃平さん位でして、知らないからこそ全てが新鮮!

木崎公隆さんと山脇弘道さんのユニットのyotta(ヨタ)のしゃべる巨大こけしに引き寄せられつつ、

こけし

疫病の蔓延から人々を守ることをコンセプトに作られたヤノベケンジさん作の狛犬のカッコよさに勇気づけられ、

ヤノベケンジのコマイヌ

名和晃平さんハゲワシの剥製をガラスビーズで覆った作品PixCell-Vultureではその美しさに見とれ、

ガラスビーズ作品

 

宮島達夫さんの作品への理解が消化不良のまま、

無料送迎タクシーに乗って次なる会場の京都新聞ビルの地下1階の会場へ。

送迎タクシー

京都新聞社 地下1階会場。

実験的な試みという感じの谷口智美さんの作品。

自分と自分に触れる物との境界線が気になり、そこを作品にするという。皮膚と服からさらに広がる外界へ。今回の作品づくりは、この地下空間のコンクリート、サイズ感も考えて作られたそう。作品の素材は、粘土と身の回りにあった紙袋を割いたもの。

彌永ゆり子さんの作品は、デジタル絵を小さなモニター画面にループさせて映像化。
デジタルの世界で繰り広げれれている世界を展示物とリンクさせて、モニターの外にも昇華させている。

彌永ゆり子さん作品

そして京都府京都文化博物館の会場へ。

ここは型破りで斬新な作品にエネルギーをもらいました。

わたしの好きな3作品。

新宅 加奈子さんの“確かに生きていることを確認する”作品、
ご本人が全裸になって絵の具を全身に被っていき完成する作品。この作品づくりは高校生の頃から始めて10年も行われているそう。凄い!

この鮮やかな色、意図してできない色の重なり、皮膚と絵の具の組み合わせから出来上がる素材の凹凸感。

新宅加奈子さんの作品

大和美緒さんの作品。赤いドット。

竹内義博さんの作品。目に見えないものが世界を動かす原動力になっている。

竹内さんの作品

アーティストの方と話しをして作品のコンセプトやそこに至るまでの経緯など、聞けば聞くほど、自分では思いつかない世界観、作品へのあくなき追求と静かなる情熱が感じられました。

理解不能なものも感じるままに一旦受け入れてみるのが現代アート。

今回が5回目の開催になるそうで、また来年も行って定点観測のような鑑賞を楽しんでみたいと思いました。

送迎タクシーの運転手さんから京都のうまい処をたくさん教えてもらったので、次回は喰いだおれ京都もしてみたいなぁと思ったのでした。

イベントの概要

ARTISTS’ FAIR KYOTO 2022
会期:2022年3月5日(土)・3月6日(日)
メイン会場:京都府京都文化博物館 別館 / 京都新聞ビル 地下1階
清水寺会場:音羽山 清水寺
公式ホームページ:https://artists-fair.kyoto/

おすすめ記事。こちらの記事も読まれています。

笑うしかない!「みうらじゅんマイ遺品展」に行ってきました。(京都|アサヒビール大山崎山荘美術館) – しなしな佐渡Design

大阪でレンタサイクルのハブチャリで電動自転車を借りてギャラリー巡りをして来ました。 – しなしな佐渡Design

美術ライター黒木杏紀さんとレンタサイクルで行く大阪のギャラリー巡りが充実していた! – しなしな佐渡Design

 

投稿者プロフィール

海老名美保子
海老名美保子
フリーランスデザイナー
ユニフォーム、衣装、パンフレット、名刺などファッションから紙ものデザインまで多岐に渡る。
佐渡島の魅力を自分目線で記事に書いています。ファッション、アート、ものづくり、食に関すること、日々のことについて情報発信しています。詳しいプロフィールはこちら
URL :
TRACKBACK URL :
Return Top